勘定科目や補助科目の候補が出ません!

Microsoft Internet Explorer10(およびそれ以降のバージョン)でWeb簿記システムを操作すると、勘定科目、補助科目の候補を表示する機能(サジェスト機能)が動作しないことがあります。
互換表示の設定をすることで、以前の状態と同じように使用することができます。

Microsoft Internet Explorer(IE)10以降の互換表示設定方法はこちら(PDF)

※Windows8をお使いの方は、デスクトップ版のIEをご使用ください。

  【Windows8】Internet Explorerの種類についてはこちら(PDF)

IE10を使用することで起きる現象
(1)勘定科目、補助科目などの候補が表示されない。(サジェスト機能を使用できない)
(2)仕訳の「登録」ボタンをクリックしても画面が遷移しない。
(3)一覧表示画面のレイアウトが崩れる。

借方と貸方の合計をすぐに見たい!

トップメニュー仕訳登録メニューのすべての機能
トップメニュー仕訳日記帳、収支計算書、合計残高試算表(精算表)
トップメニューその他メニューマスタ設定期首残高登録

借方と貸方に入力した数字が本当に一緒なのかすぐに見たい!という要望を受けて、数字が入力されたらすぐに合計金額を表示するよう改善をしました。
期首残高登録画面については、上の変更のほか一覧表形式で入力ができるような改善も行いました。

画面の例 : 期首残高登録画面
kisyutoroku.jpg

元入金の期首残高はどうやって計算するの?

元入金の期首残高は、前年分の貸借対照表を基に算出します。

【計算式】
(1)青色申告特別控除前の所得金額 + (2)元入金 + (3)事業主借 − (4)事業主貸

たとえば前年分の貸借対照表が、
motoirekin_kishu.jpg
そうすると今年の元入金の期首残高は、
 (1)8,665,245 + (2)11,825,796 + (3)540,000 − (4)2,599,047 = 18,431,994
18,431,994円になります。

※初めてWeb簿記システムを使う場合は期首残高の登録が必要です。
  翌年度以降は年次更新のタイミングで期首残高を自動的に計算しますのでこの作業は不要です。

期首残高の登録方法はこちらから

収支計算書の雑収入の金額が仕訳日記帳と合いません。

収支計算書の「雑収入」欄には、雑収入の金額と、次の科目金額を合計した金額が表示されます。
収支計算書の雑収入の金額が仕訳日記帳より多いときは、別の科目を使った仕訳が登録されて
いないかどうかを確認してみてください。

【収支計算書の「雑収入」に含まれる科目】
709:雑収入
700:作業受託収益
701:奨励金
702:受取共済金

専従者から預っている所得税を税務署へ支払ったときはどのような仕訳になるの?

専従者に給与を支払うときに控除した源泉所得税を税務署へ納付したときは、次のような仕訳になります。

■専従者へ給与を支払った。
 aioueiiaio_1.jpg

■源泉所得税を支払った。
  aioueiiaio_2.jpg

「センター取引日記帳」は前年分も確認できますか?

その他メニューJA連動データ確認

ここで確認できる「センター取引日記帳は、経済システム・信用システムから連動したデータを確認する機能です。
閲覧できる期間は一年間分となります。

畜産(牛)の飼料代の仕訳について

畜産(牛)の飼料代が次のような仕訳で自動登録される場合があります。
  兵敲)買掛金 (貸方)事業主借   ←購買データ
 ◆兵敲)飼料費 (貸方)普通預金   ←販売データ

このままでは飼料費を二重に支払ったことになりますので、
次のどちらかの方法で修正が必要になります。

 a),痢婿業主借〕を〔飼料費〕に修正する。
 b)△鮑鐔して、,痢婿業主借〕を〔普通預金〕に変更する 。

仕訳データアップロード(csv)機能を使うと仕訳データが重複しますが?

仕訳データをダウンロードして、誤りを直した正しい仕訳データを作成し、CSVアップロード機能を利用してアップロードすると、仝蹐蠅魎泙鵑生鼎ぅ如璽燭函↓⊃靴靴ぅ如璽燭濃徒データが二重に登録されます。
アップロード作業後は仝蹐蠅魎泙鵑生鼎ぅ如璽燭鮑鐔する作業が必要になります。

または、修正して登録しなおす必要がある場合は、「仕訳データ一括削除」機能を使って削除した後、CSVアップロードしていただくと仕訳データを重複させずに登録することができます。

※古い仕訳データを新しい仕訳データで上書きする機能にすると誤登録の危険が生じます。
 これを防ぐためにも現在のところは現行どおりとさせていただきます。

他のシステムからWeb簿記システムに移行したい

他のシステムまたは手計算による決算書からの移行については、以下の手順による手作業が必要となります。特に減価償却資産の登録は最初が少し大変ですが、一度移行してしまえば、翌年からはラクになりますので、がんばってトライしてください。(※次年度からは自動更新されます。)

■単式簿記の方
(1) 減価償却資産の登録
最近の申告書控えから「減価償却の計算」の書類を用意します。
(もしくはお手持ちの減価償却資産の詳細がわかる一覧表でも可)
書類を見ながら現在お手持ちの減価償却資産を登録します。
減価償却資産の登録方法はこちらから

■複式簿記の方
(1) 減価償却資産の登録
(2) 期首残高の登録
  期首残高の登録方法はこちらから

パスワードの変更方法

Web簿記システムのパスワードは変更することが可能です。(半角英数字4〜8文字)
ログイン後、左のコントロールフレームに表示される「パスワード変更」ボタンをクリックすると設定変更用の画面が表示されます。

※パスワードのお取り扱いにはご注意ください。
※セキュリティ上の配慮からも、パスワードについては定期的な変更をおすすめいたします。 
※パスワードを忘れてしまった場合
●JA支援担当者IDのパスワード→各JAマスタ管理者にお問い合せください。
●JAマスタ管理者IDのパスワード→電算センターにご連絡ください。
●組合員個人IDのパスワード→電算センターにご連絡ください。

パスワードの変更方法はこちらから

次のページ »